海外ナンパ旅行

旅行におすすめ!物価が安い国ランキング

物価が安い国ランキングでお馴染みの国と言えば「インド」や「タイ」ですね。海外旅行を決めるのに物価は大切なポイントです。物価が安いと宿1つにしても「長期滞在する」・「リッチなホテルに泊まる」・「色んなホテルを渡り歩く」など選択肢も増えます。

世界で物価が安い国はどこ?
ブルガリアはホテルの宿泊費が1万円弱!

ヨーロッパって物価が高いイメージがあると思うんですが、東欧のブルガリア・クロアチア、中欧のチェコ・ハンガリーなどは実は物価が安くておススメな国です。中でもブルガリアは特に物価が安く、ホテルも1泊1万円弱ととってもお得。東南アジア並みのコストでヨーロッパの生活を満喫できるのは大変魅力ですが、住みやすさの面で多少まだ問題を感じます。

ベトナム

今まで物価の安い国と思われていた「タイ」ですが、最近は庶民生活の中にも物価高を感じます。そのタイに代わって注目されつつあるのがベトナムです。物価は日本の約3分の1程で、ホテルもホーチミンでも1泊1万円以下で十分に宿泊できます。トリップアドバイザーで「割安で旅行できる都市ランキング」にハノイやホーチミンが選ばれるほどです。ごはんが日本人の口に合うものが多いのも嬉しいところです。

ポーランド

ポーランドも物価が安くておススメです!物価の安さに加えて治安が良い点もポイントが高いです。馴染みがない分イメージが難しいと思いますが、ワルシャワの新市街は予想以上に発展していて近代的なビルなどもあります。英語も割と通じる点、日本人大好きという「親日」な面も嬉しいですね。

アジアの中で旅行におすすめな物価が安い国は?
中国は公共交通機関が安い!

海外旅行の旅先にアジアを選ぶ理由は距離と交通費の安さではないでしょうか?公共機関の安さでは世界でも北京が有名が、北京の主な交通機関は以下です。
①路面バス・・・距離あたりで考えれば一番安い公共機関です。地元の足としてお馴染みですがタクシーに比べて倍の時間がかかることも。時間に余裕のある旅でしたら路面バスは断然おススメ!初乗りも40円~とお財布にも優しいです。ですがラッシュ時は乗客で溢れかえることもあり、スリには注意です。

②地下鉄・・・1都市の地下鉄の長さとしては世界一と言われる北京。初乗りは40円ほどで距離制です。線路の拡張・開通が毎年行われ、ますます今後も期待されます。

③タクシー・・・初乗りは250円ほどと日本の半額以下です。ですが、ここが中国。まずメーターがちゃんと動くかという確認が必要です!

ミャンマーはタバコやビールなどが安い

ローカルと輸入物で値段が大きく変わってきますがタバコ・酒ともに安いのがミャンマーです。ビールも60円程、タバコも「マルボロ」でも150円程で購入できます。ホテルは1泊1万円以下でそこそこのレベル。交通費も安く移動手段は発達している一方でやはりアジア全体にみられるラッシュ時の交通渋滞もあります。

物価も安く治安も良く住みよい国
バリは日本語も通じて住みよい

物価が安いのは旅行者にとって嬉しいことですが、同じくらいに気になるのが治安の良さ。アジアでバランスよくそれを兼ねそろえているのがバリではないでしょうか。また東京から直行便で8時間ほどで着くのも嬉しいところです。日本語がわりと通じるのもポイントが高いです。観光の人気と国の発展から毎年物価は徐々に上昇していますが、長期滞在もうまくやれば1ヵ月10万以下で過ごすことも可能です。治安はいい方とは思いますが、「海外」であることには違いはありません。日本ではないという意識は治安の良い国だと言われても忘れないことです。特に夜間の女性の一人歩きなどは言うまでもありません。

ニュージーランドは物価も安く人柄もよい

ニュージーランドはワーホリもできることもあって、日本人にとって少しは馴染みのある国ではないでしょうか?物価が安く英語圏であるためにニュージーランドを選ぶ人もいますが、自然の雄大さ、人の温かさも素晴らしいです!ニュージーランドの人はとても親切でフレンドリーです。バーで1人で飲んでいたらいつの間にか何人かで飲んでた!なんてこともしばしば。イギリス英語に近いため本場の英語を習いたい人にもおススメです。

実際に日本人が旅行している国
スペインはサグラダファミリアに圧巻される日本人がたくさん

日本人が年間60万人も訪れるというスペインですが「サグラダファミリア」目当ての人も多いはずです。最近の科学や技術の進歩、特に3D技術の発展から、このところ工事が進んでいるということです。うまくいけば公式発表では、ガウディ没後100周年目の2026年にあわせて完成予定だとか。節目の年に向けてイベントも増え、ますますの旅行客が見込まれます。
カンボジアは物価も安くアンコールワットも人気

カンボジアと言えば観光地はアンコールワットが有名です。朝日・夕日をあの風景で見れば、歴史と時の流れを感じること必須で自分の存在が小さく思えるほどです!物価の安さだけでなく人の素朴さにも安心できます。
物価の安さからみたおススメ海外旅行

今回は物価の安さから海外旅行先をおススメしてきましたが、同時に国民性や治安の良さも外せないポイントです。円安傾向もまだまだ続きそうですので、両替には向かないかもしれませんがそれでも日本と比べたらリッチな生活が送れる国が世界中にはたくさんあります。格安航空のプロモーションなどをうまく活用して、海外旅行をお得にお過ごしください。