海外ナンパ旅行

ナンパで彼女もつくれるようになる!ナンパの失敗例2つから成功につなげよう!

ナンパを成功させるには、ナンパの失敗例を知ることがカギとなります。なぜなら改善点を磨くことができれば、よりナンパが成功する確率を上げることができるといわれているからです。もうナンパは諦めたという方必見!ナンパの成功法を解明していきます。

ナンパの失敗を生かして次のナンパは成功させよう

ナンパは多くの女性に声をかけることも大切ですが、それよりも「なぜ今のナンパは失敗したのか?」ということを改善できなければ、ナンパが成功する確率は上がらないといわれています。男性の仕草一つで女性が話を聞いてくれるかが別れるため、失敗から学べることはとても大切なことだといえます。次のナンパを成功させるためにも、失敗例を生かして女性に興味を持ってもらえるコツを習得しましょう。

ナンパの失敗要因

ナンパの失敗要因はとても単純明快ですが、多くの男性はこの失敗要因に気づかず女性に声をかけてしまっています。特に下記の二点は、女性から引かれる行動パターンなので注意してナンパを試みましょう。

自分の話ばかりをする

当然ナンパは初対面同士の出会いなので、お互いのことを何も知らない状態からスタートします。そのためナンパをする男性は、女性に自分のことを知ってもらおうと自分の話しばかりをしようとしますが、そもそもその行動がNG。なぜなら女性は、いきなり自分の前に現れて声をかける男性に対して「興味がない」という方が大半だからです。男性からすると、女性の警戒を解くために自分の話をしてアピールしているつもりかもしれませんが、自分の話しばかりする行動は女性をさらに警戒させることになってしまうのです。女性が立ち止まってくれるまで一方的に話しかけることは、女性に不快感を与え てしまう可能性があるので控えましょう。

周囲の空気を読まない

女性はナンパをされて「恥ずかしい」と感じる方が多いといわれています。そのため、多くの人がいる中で周囲の空気を読まず話しかけてくる男性に対して嫌悪感を抱くそうです。声が大きかったり女性を覗き込むような話し方は、周囲から見てもあからさまにナンパをしていると思われてしまいます。女性の立場を考えて行動することは、ナンパの成功法の一つです。周囲から目立つようなナンパは控えて、女性に自分の気持ちを伝えましょう。

可愛い女の子をナンパする方法

どうせナンパをするのであれば、身近にいないような可愛い女の子に声をかけたいですよね。「可愛い女の子はどうせ話をきいてくれるわけがない」と避けていては、好みの女の子と仲良くなることはできません。可愛い女の子でも話しかけるコツさえ分かれば、話を聞いてくれる可能性は十分にあります。以下の二点を抑えて自信を持って声をかけてみましょう。

女の子の言葉を聞くこと

ナンパを成功させる秘訣の大前提は、女の子の言葉を聞くことです。上記の失敗例でもご紹介したように、自分の話ばかりを女性に押し付けていては、ナンパが成功するどころか話すら聞いてもらえないという状況に陥ってしまいます。そのため女の子に質問を投げかけて言葉を聞くということは、とても大切なことなのです。なによりも女性は話を聞いてもらうことが好きとう方が多いので、話し相手としてスタートすることは十分に可能です。
自分が話した後には必ず「?」で終わらせるようにして、女性に話してもらう機会を作ることができれば、女性も率先して会話に参加してくれるようになります。言葉のキャッチボールをうまく 交わして「この人と話していて楽しい」と思わせる会話を心がけましょう。

夜の8時~10時が適切

ナンパをして失敗する大きな要因の一つとして挙げられるのが、ナンパをする時間帯です。
確かに会社終わりの夕方5時~7時は多くの女性がいるため、ナンパが成功する確率が高いと思われがちですが、用事がある女性はナンパをする男性の話を聞いていられません。
そのため、たくさん女性がいるにも関わらず、ナンパが成功しないという事態に陥ってしまいます。今から急いで家に帰るという女性に声をかけても、ナンパが成功するはずがありませんよね。
ナンパが成功する確率が高い時間帯は、夜の8時~10時といわれています。用事がある方は帰宅しているので、その時間帯に外にいる女性は比較的にこの後用事がない、今から家に 帰るという方が多いからです。女性が話を聞いてくれる確率が高い時間を見極めて、ナンパを成功させましょう。

ナンパで彼女を作る方法

ナンパをする男性の目的は人によってさまざまですが、ナンパをして「彼女になったらいいな」と思ったことはありませんか?ナンパをして女性の信頼を得ることができれば、恋人に発展することだって十分にあり得ます。ではどのようにしてナンパで彼女を作ることができるのでしょうか。

連絡先は必ずゲットする!

ナンパをして連絡先をゲットすることは、今後の関係を深めるためにも抑えておきたいポイントの一つです。ナンパをするタイミングによっては、女性が忙しくてなかなか話せないという場合もあるからです。時間があったら話を聞いてくれたのかもという可能性は、とても大きなチャンスといえます。連絡先は必ずゲットして女性と会う口実を作りましょう。
しかし、「連絡先教えて」としつこく女性に言うのはNGです。余計女性に「怪しい人」と距離を置かれることになってしまいます。「もっとゆっくり話したいから連絡先教えてくれないかな?」と一言付け加えるだけでも柔らかい印象を与えることができるので、連絡先を聞く ときは女性に嫌なイメージを与えないように注意しましょう。

ナンパした女の子の友達と知り合う

ナンパを受け入れてくれた女の子は、男性の「楽しい」「おもしろい」という雰囲気を好意的に感じてくれる方が多くいます。そのため「みんなで遊ぼうよ」という提案も、あっさりOKを貰える可能性が高いといわれています。

大人数で遊ぶことで女の子の友達とも仲良くなるチャンスがあるため、より多くの女の子と知り合うきっかけとなります。コミュニケーションをうまくとって出会いの輪を広げていきましょう。

ナンパの大成功例!

最後にナンパの成功例をみていきましょう。顔が特別カッコいいというわけでもないのにナンパが成功したという方の多くは、ナンパのコツをうまく活用できているからだといえます。どのような成功例があるか、実際にみていきましょう。

30歳のオジサンがナンパ大成功!

「ナンパは若い男じゃないと成功しない」という概念を持っている男性も多いのではないでしょうか。しかし、押しに弱そうな女性を見つけることができれば、年上男性のナンパを受け入れれてくれる可能性も高いのです。押しに弱い女性はハッキリと断ることが苦手なため、そこにつけこむと意外と成功する場合が多いんだとか…。中には以下のようなナンパ大成功例も!

30代のスーツを着たオジサンが20代前半の女性をナンパしてたよ。押し切って成功してたのにはびっくりした。あの後どうなったんだろう…

30歳にして22歳の女性に一目惚れ。人生初の一目惚れだったので押しまくりましたよ。頑張ってアタックし続けてやっと交際できました。若い子は肌がツヤツヤで最高です!

私は30代ですが、女性って結構年上が好きな方が多いんですよね。勇気を出して声をかけてみると、意外と立ち止まってくれますよ。

押しの弱そうな子を見極めよう

押しに弱い子が狙い目だといっても、どのような女性が押しの弱そうな子なのか、外見だけではなかなか判断できないですよね。押しの弱そうな女性は、以下の特徴があるので会話の中で見極めていきましょう。

話を聞いてくれる

自分に自信がない

愛想笑いが多い

はっきりと断れない

その場の空気に流されやすい

ナンパの失敗例を学んで成功へと繋げよう!

いかがでしたでしょうか、ナンパをしてくる男性は昔から「チャラい」「しつこい」というような、悪いイメージを持っている女性が多いといわれています。しかしそれはマナーを守らずに、手当たり次第ナンパをする男性が多くなってしまったことが原因です。ナンパは出会いの輪を広げるコミュニケーションの一つです。女性に不快な思いをさせないナンパを心がけて、楽しく出会いを探しにいきましょう。