海外ナンパ旅行

海外の夜の街を楽しむ!オーストラリアの繁華街はこんなところ

オーストラリアの繁華街と言えば南半球最大の「キングクロス」などでしょうか。オーストラリアは南半球に位置し、日本と逆の気候になること、雄大な自然・コアラも有名です。ワーキングホリデーの協定を結んでいるので、行ったこともある人も多いでしょう。

オーストラリアの繁華街で楽しみたい!

オーストラリアの総面積は世界6位と言われるほど広いです。主要都市は20ほどあるのですがその中でも日本人にも馴染みのある5つの主要都市をあげてみました。

 

ケアンズ…一年中気候が温かく過ごしやすいため、日本人に人気NO1の都市です。海沿いにあるこじんまりした街で、繁華街もまとまっていてショッピングや食事にも便利。ですが夜が早くほとんどのショップは6時くらいにはクローズしてしまいます。

 

ブリスベン…オーストラリアの中でも3番目に大きいと言われる都市です。多くの企業も集まるため観光地というより、オフィス街と繁華街を足した雰囲気と言えばよいでしょうか。ブリスベン随一の繁華街と言えば「クイーン・ストリート・モール」ですが、ブリスベンの中心部にあり、歩いて10分圏内にお店が密集しています。

 

ゴールドコースト…リゾート地として世界中でも人気で、毎年日本人を含め多くの観光客がやってきます。また波を目当てにしたサーファーにも人気です!ゴールドコーストで最大のショッピングモール「パシッフィックフェア」や24時間営業のカジノなども人気です。

 

シドニー…最も日本人が多く住んでいて、外交人駐在員達も多く住んでいる街です。街自体も大変大きく、エリアによって街の雰囲気は違ってきます。ショッピングエリア、のどかな公園、ビーチなど飽きることはないと思います!

オーストラリアの繁華街ってどんなところがある?
ゴールドコーストのサーファーズパラダイ

ビーチもショッピングもどっちも楽しみたい!という方に是非おススメしたいのがここ。海岸沿いのカフェは朝早くからやっていますので、早起きしてコーヒーもおススメ。金曜の夜にはビーチ沿いに120もの出店が立ち並ぶ景色も見ものです。ショッピングセンターではサーフブランドでおなじみの「BILLABONG」等がはいっているあたり、やはりサーファにも外せません!

ゴールドコーストのブロードビーチ

上のサーファーズパラダイスの次に日本からの観光客の方が良く行くのがこちら。飲食店・コンドミニアが多く立ち並び、サーファーズパラダイスほどうるさくありません。ハイウェイ沿いには、「コンラッド・ジュピターズ・カジノ」があり外国人も多くみかけます。ビーチのそばには地元の人たちも利用する「オアシスショッピングセンター」があり、大型ショッピングセンターが希望なら「パシフィックフェア」があります。

シドニーのキングスクロス

南半球最大の繁華街!とても不思議な雰囲気をもった街です。それというのもシドニーでは色んな人をみかけます。国籍・年齢もごちゃごちゃであれば、街の雰囲気もオシャレなブテックがあればアダルトグッズ屋さんもあるみたいな感じです。「アナーキー」と表現されることが多いですが、まさにそんな雰囲気。昼と夜の顔が全く違うのも特徴的です。

パースのノースブリッジ

パースNo.1の繁華街と言えばこちら。どこかヨーロッパを思わせるような雰囲気があり、周りには多国籍のレストランやオシャレなバーやカフェが立ち並びます。ナイトライフも十分に充実しており、昼夜問わず賑わいをみせています。

治安や安全面は大丈夫?
怖そうな人がいることもある

諸外国の中で比べるとオーストラリアは比較的、治安が良い国といえると思います。ですが、日本ほどではありません。留学生やワーホリの方が巻き込まれるトラブルは「置き引き」・「スリ」・「車上荒らし」・「車の盗難」「空き巣」などがほとんどです。ですが、シドニーのキングクロス、レッドファーンといった歓楽街などのでは強盗や恐喝などの事も起きているのでご注意を!

歌舞伎町等と比べるとかなり安全

シドニーの歌舞伎町だとも表現されるキングスクロス。派手な飲食店や風俗街・ぎらぎらしたネオンからそうも言われますが、実際、日本の歌舞伎町の方が派手で、人も比較になりません。日中は人も少なく、夜には普通のバーや飲食店が立ち並ぶ普通の街です。

夜に街灯のないところを一人歩きするのは危険

夜間の移動にはタクシーがベターです。治安が良いほうだと言っても人気のない道を一人で歩いたり、繁華街を徘徊することなども避けましょう。男性女性問わずです。スリや盗難にも注意ですが、そのような場面に直面したときは追いかけるなどの行動は絶対にNGです。

日本との違いを理解し、分別のある行動を

知り合いの女性の話ですが、旅先で強盗にカードを奪われ背中越しに銃を突き付けられながらお金をおろし渡したという話を聞いたことがあります。日本では銃など私たちには必要もないものですが、文化によっては銃社会であったりと、日本でないということを意識することが何より大切です。

昼も夜も楽しめる街

昼も夜も楽しめるマーケットとして、ウエストエンドにある「バウンダリーストリート マーケット」がありますし、シドニーの「チャイナタウン」や「キングスクロス」も昼夜問わず楽しめる場所です。

国際色豊かな出会いが期待できるかも

ナイトスポットの充実さ、比較的治安が良いことからも、オーストラリアでの夜遊びは是非おすすめです。日本人にとって勉強しながら働けることもあり、オーストラリアに長期滞在している方も沢山います。英語圏であるため、外国人と出会うチャンスも沢山です。地元のオージ、日本人、留学生・サーフォーなど色んな出会いの可能性があると思うので、繁華街に繰り出してみましょう!